赤と青のヌメ革

皆々様、相変わらず寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 相変わらず大判ブランケットと熱湯風呂を続け、暖房なしで一冬乗り切ろうと している羽崎です。 先週、高校時代の友人と久々にご飯を食べに行った時、 「あんた、熱湯風呂はひとつもいいことがないからやめとき」と 熱心に諭されたので、その日から2度ほど温度を下げました。 父は毎日、柄に合わぬBGMに包まれながら、コツコツと、黙々と製作を 続けております。 その風貌からは想像できない洋楽好きで、 サラブライトマン・イーグルス・カーペンターズ・マイケルジャクソンの 王道ヘビーローテーションに、時々美空ひばりと高橋真梨子を加えることにより うっとりと流れるように作業が進むのだそうです。。。 さて、予てよりお知らせ致しておりました、ヌメ革の赤と青が入荷しました。 さっそくサンプル刻印をして、手帳カバーとペンカバーを作ってみました。 あらいい感じ。 革メーカーで、この赤い革をひと目見た時から「こんなカバーになるやろな~」 と想像していたのですが、想像以上の仕上がりに大満足です。ふっふっふっ。 が、しかし。ここで問題発生。 サンプルカバーの画像を300枚は撮ったのですが、現物の色味が出ないのです。 これを解決するまでは正式リリースできません。 すでに新しい色でご予約下さっているお客様もおられるというのに、 色が伝えられないなんて。 撮った中で、一番近いかなと思われる色が出ていた画像は、下の2…

続きを読む

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。 旧年中は、たくさんのオーダーを頂きまして誠にありがとうございました。 まだまだ至らない部分が多々あるかと思いますが、今後もできる限り迅速な お見積もり・製作を心がけ、見やすく、わかりやすいサイトで 皆様をお迎えできますよう一層努力して参ります。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 弟たちも帰省し、賑やかなお正月を迎えました。 母とお嫁ちゃんが必死で作ったおせち料理を重箱に詰めただけの私は (注:お仕事していたからですよん)、ただひたすら食べて姪甥と遊び、 寝るという、素晴らしいお正月を過ごさせて頂きました。 お休みするはずの元旦も父を働かせることになり(私の納期計算ミスにより)、 管理能力面で少々自信喪失のわたくしですが・・・。 父本人は私と違って大変心の広い人なので、「かまへんかまへん~」と、 嬉々として革を裁断しておりました。 そして恒例の、母方一族大集合(二夜、三夜連続が常)。 おばあちゃんを筆頭に、母の兄弟とその連れ合いで11名。 孫12名とその嫁・夫が3名(ちなみに孫の平均年齢29歳超)。ひ孫が6名。 総勢32名が、毎年盆と正月に集まります。そのうち床抜けそう・・・。 反抗期であろうが、彼氏彼女持ちであろうが受験生であろうが、 東京在住であろうがジャカルタ勤務であろうがおかまいなしです。 おかげでイトコ同士もすこぶる仲が良く、なかなかおもしろい 親戚関係を築いております。 …

続きを読む

父見参

メール業務をお休みさせて頂いたのち、ひそかに復帰いたしております。 お客様より、「生きとるのか?」という内容のメールを時々頂きますが、 私は今日も元気にお見積もりメールを送りまくっております。 お気遣いありがとうございます。 1件送っているうちにも新着メールが増えていきますので、 即お返事ができずにおりますが、通常通り業務再開しておりますので お見積もり待ちのお客様、しばしお待ち下さいませ。 さて今日は、表題のとおり父が拙宅に宿泊中です。 毎年1回恒例の、「母とそのお友達のクリスマスパーテー」のためです。 河内長野(大阪と和歌山の県境付近。ギリギリ大阪府)に居住していた頃の 母のお友達が数名、毎年この時期に実家に集まるのです。 (お泊まりでなくても、しょっちゅう集まっているように見えるのですが) ランチ、お買い物、イルミネーション(中之島)、ディナーのあと、 まだまだ不完全燃焼のおばちゃんたちが合宿状態で喋りまくるらしく。。。 交通の便の良い我が実家が毎年合宿場になります。 そして父は毎年追い出されるわけです。 「あんたおったらみんな気ー遣うから、まやちゃんとこ行ってな」  「はいはい~」 私の都合を訊ねられないことに毎回びっくりします。 でも父はちょっと嬉しそうに見えます。 夜10時。日ごろ父とは作業場で向かい合ってはいますが、 毎日顔を突き合わせているだけに会話もなく、今日ばかりは早めに切り上げ。 母だけがご馳走を食べているというのも…

続きを読む

留守いたします

年をとるごとに、1年という感覚は短くなっていくとのこと、 (前出の元勤務先の社長談) たしかに、ついこの間お正月を迎えたばかりなのに、もう師走。 この1年間なにをしてたんやろう・・・という毎年恒例のボヤキと反省が 噴出するシーズンに差し掛かりました。 皆様、いかがお過ごしでしょうか。 しばらく前からお知らせさせて頂いておりますとおり、明日から14日まで、 のっぴきならない事情で留守にします。 これからオーダー頂くお客様には、15日までご連絡ができないという ご迷惑をおかけしますこと、この場を借りてお詫び申し上げます。 (製作・発送は通常どおり行なっておりますので、すでにオーダー頂いている  製品の納期には影響ございません) 業務に戻りましたら、寝ずに必死でメールします。 できる限り早期の納品を目指しますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

続きを読む

過去のオーダー事例集

さむ~っ。気づけば霜月(でしたっけ?)も半ばを過ぎ、暖房が苦手ゆえ 体に大判ブランケットをぐるぐる巻きにして業務に勤しむ羽崎です。 いつもありがとうございます。 私の越冬方法が少々変わっているとの指摘を受けましたので、この場を借りて 簡単に披露させて頂きたいと思います。 私は暖房が大の苦手です。 ガスファンヒーター、エアコン、電気ストーブ、床暖房と、これまで数々の 防寒を試みておりますが、ガスファンヒーターとエアコンはモア~っとした 熱風がダメ、電気ストーブは近くに置かないとあんまり効果がなく、 そばに置きすぎると一部分だけ熱くなって時々ヤケドっぽくなります。 熱しまくったジーパンに気づかず、ふと動いた時に「ぎゃ~、あっつ~!」 となったことも何度かあります。もう怖いです。 床暖房はまぁこの中では一番良いのですが、椅子に座る状態で身体まで あったかくしようとすると結構温度を上げる必要があり、 そうなるとポカポカしすぎてボーっとします。 頭があったまるのがイヤなんです。頭寒足熱。これこれ。 ということで一昨年から実行しているのが、 『リピート熱湯風呂&特大ブランケット全身巻き作戦』。 その名のとおり、2時間おきくらいで熱湯風呂に浸かり、 出た瞬間もっさもさのブランケットを巻き巻きするのです。貧乏くさ・・・。 でもですね、2時間おきに・・・ということは毎回追い焚きしないといけない わけで、ガス代が結構かかるんですよ。 とはいえ、効果はスンバラ…

続きを読む

フルオプションカバー

昨晩の予期せぬ寒さに、「早く夏になれ・・」と一瞬思ってしまった羽崎です。 いつもありがとうございます。 え。話が違うではないかと? いえ、ここで何度もアピールしてきたように、 冬が好きなんですよ。本当に。 でも昨日の不意打ちの寒さには、チッ・・・となってしまいました。 防寒した上での冷たい空気が好きってことです。 そういえば、近所の元後輩(会社勤めしていた頃の後輩。夏嫌い)と一緒に 自転車通勤していた頃、凍える程の冬のビル風に吹き飛ばされそうになりながら 「外にも冷房効かせてくれてありがとう!おかげで涼しいわ!」 と誰に向かって言うでもなく、二人して叫びながら帰宅したものです。 あの頃も馬車馬のような生活だったので、夜中帰宅が多く、冬場は極寒の中の チャリ帰宅でした。 「そう、実は今は夏!寒いんじゃなくて冷房のおかげで涼しいねん!  むしろ感謝!カクカクカク(アゴが鳴る音)・・・」 耐え切れぬビル風が吹くたび、無意味に感謝を絶叫しながら御堂筋を 爆走しておりました。当時、二人共20代(私は後半)。 さて。表題のとおり、カバーの片隅に刻印しているHZK Leatherのロゴを 近いうちに変更します。 いつのオーダー分からになるかは、正確には申し上げることができませんが、 気がつけば変わっていることになろうかと思います。 「どうでもええわ」 と寂しいことをおっしゃるお客様も多数おられるかも しれませんが、私共にとっては一大改革です。 ロゴ…

続きを読む

ご注文フォーム見直しました

あれよあれよと言う間に、今週で10月も終わり。冬到来ですよー。 夏は暑くて引きこもり、冬は忙しくて引きこもりの羽崎です。 いつもありがとうございます。 実は昨晩、オーダーフォームを修正しました。 主な目的は、「より正確にお客様のイメージを把握すること」 「メモホルダーの価格をわかりやすく告知すること」でした。 メモホルダーはこれまで、お見積もりメールを送る都度、サイズによって 価格提示しておりましたが、皆様の希望されるメモホルダーサイズが 僅差でバラバラ(当然ですが)、当のお客様も 「高さ80ミリがいいのか100ミリがいいのか正直なとこわからん」とのことで、 「もうあんた、決めて~。いい感じに」とおっしゃる方もチラホラと。 また、「20ミリ違うと価格がどれだけ変わるのかもわからん。 フォームを送る時点で正確にわかれば尚よい」 というお声も頂いたので、いよいよ 「サイズ別価格を事前告知せねば ならん」となったわけです。 お客様の使途に合った機能(オプション)だけを選んで設置する、という カスタムオーダーは合理的ですし、きっと楽しみながらオーダー下さっている であろうという期待を持ちながら製作しています。が。 すべてをまったくの白紙状態からお考え頂くのは負担だったのかも・・・と いろいろ考えた末、選択肢をご用意して、価格も見ながらサイズを お選び頂く方式に変更したわけであります。 サイズを区切って価格をつけるのは、非常に難しいです。 こ…

続きを読む

息抜き2連発

忙しい忙しいと息巻きながら、このページが気になって仕方ない羽崎です。 いつもありがとうございます。 息巻きついでに、今日は最近私が立て続けに行なった息抜きを2つ ご紹介させて頂きます。 これで、日頃私がいかに平和でつつましやかな生活をしているのかを おわかり頂けるかと。知りたくもないですか。 実は、マージャン好きだったりして。 あれ?この黄色い枠。見覚えがある方、おられますね? そう!ドンジャラ!!!しかも対戦相手は弟2人。さみし~。 私の子供時代は筋肉マンのドンジャラでしたが、 今はドラえもんのようで。 経験者の方はおわかりかもしれませんが、何度捨てても 性懲りもなくまたやって来るママと先生にみんなイライラ。 こんな手では勝てるわけもなく・・・。 弟二人に惨敗でしたが、最後の最後に一発逆転ルールを提案。 「もし私が勝ったら、負けはチャラ。私が負けたら、両方に倍払い」 それまでさんざん弟たちにしてやられ、「ドンジャラ!」の決めゼリフを ほとんど宣言することもなかった私を舐めきっていた弟たちは、 そのルールを即快諾。 いやいやいやいや。馬鹿どもめ。 私、勝つんですよ。こんな時には。 弟1「よっしゃ~!リーチじゃ~」 私「ふっ。ほれ、どこでもドア~!!」 弟1「ぎゃーやめてくれ~!」 弟2「うっわ、きったね~」 私「は?何が汚いんじゃコラ」 ってな具合に、仲良し姉弟の楽しい宴は朝4時まで 続くのであり…

続きを読む

人生の3分の1を・・・

ご無沙汰致しております、羽崎でございます。 いつもたくさんのオーダーをありがとうございます。 まずは近況報告をば。 手帳商戦シーズンは毎年前倒しになっているのでしょうか。 今年は10月に入ってすぐに、早くも父の手が一杯になるという嬉しい日々を 過ごしております。いや、過ごさせて頂いております。 私はというと・・・。メール送受信に12時間、父の元で3~4時間、 そして8時間ほどの爆睡、食事や移動タイムなどを入れると とうとう1日が24時間では足りなくなり、至極真面目に悩み始めている 今日この頃です。 えっ。睡眠時間を削れば済む話じゃないのさ・・・と思われましたか? 私は、たとえ遊び時間がまったくなくなったとしても、8時間寝たい。 寝たいのです。 (ちなみにこの8時間には、布団の中での読書タイムは含まれておりません。  意識を失って8時間必要です) 1日25時間や26時間サイクルで生活していると、当然どんどん時間が 後ろ倒しになっていきます。 昨日8時に起きても、今日は9時、明日は10時。 もちろん毎日絶対に8時間睡眠を死守できているかというと、無理です。 こんなサイクルでは生活にも仕事にも支障をきたすので、時々どこかで 帳尻を合わさねばなりません。 ある日は3時間、またある日は5時間の時だってあるんですよぉ。 でも一日中スッキリしないです。 昔働いていた会社の社長と、たまたま睡眠時間の話になった時、 「キミは人生の3分の1を寝て過ご…

続きを読む

読書の秋

あぁ涼しい。こんなに過ごしやすい9月なんて、本当に久々です。 高校野球閉幕と同時に夏なんか終わってしまうがいい・・・という 呪いのようなお願いがやっと通じたのでしょうか。早くも初秋です。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 シルバーウィークに突入しましたね。 テレビも観ない私には、この大型連休を世間の皆様がどんなふうに お過ごしなのか伺い知る由もありませんが、きっとどこへ行っても 大混雑、それはそれで大変なのではないでしょうか。 (陸浦島状態は怖いので、Webニュースは毎日見てますが) 父と私は工房で、いつものように面白くもない顔をつき合わせ、 そこに母が差し入れ&掃除に乱入、親子水入らずで過ごすという、 まぁ何ともいつも通りの光景を繰り広げることかと思います。 来月は半年ぶりのソウル、来年は3年ぶりのハワイに行くぞという 目標を掲げ、今年はほとんど休まずに嬉々として働くのであります。 だから来年は大型連休頂きます~。 キーケース、時々作っています。 でも、良い金具が見つけられません。 私はものすごく乱暴に鍵を抜き差しするのですが、 これを繰り返すと金具が変形してくるのです。 だから、ずっと前から作っているのにリリースできずにいます。 ノートウェア屋さんなので、もういいか・・・とも思っています。 さて、秋です。誰が言い出したのか、読書の秋。 私は年中、スキさえあれば読書をしていますが、世の中の傾向として 本当に皆…

続きを読む

KING OF POP再び

朝晩めっきり涼しくなり、早くも秋の訪れを感じさせる今日この頃・・・ 皆様いかがお過ごしでしょうか。 数年ぶりに 『秋』 という季節を過ごせそうな予感にときめきつつ、 まだエアコンを止められない羽崎です。いつもありがとうございます。 最近、どうもお客様のご要望やご指示のハードルが急上昇したように 感じるのは気のせいでしょうか。。。 おかげさまで、これまで作ったことのない難易度の高いのカバーを たくさん製作できていますので、父の製作レベルや感覚も 徐々にではありますが上昇しているように思います。 今後を考えると非常に喜ばしいことです。 先週末より出張で東京に行っていました。 金曜と月曜にアポがあったので、土日は姪や甥と過ごしました。 まぁ、それが楽しみで土日に絡む日にアポを押し込むわけですが。 弟の家はマンションの1階で、ちょっとしたお庭が付いています。 そこで虫探しをする4歳の甥を眺めていたら、 いきなり 「おお~!まやちゃん見て見て!サンマが~!!」 という 甥っ子の叫び声が。えっサンマ?庭に? 彼の指差す方を見ると、緑生い茂る中、バッタの母親(父親?)が 小さいバッタをおんぶしているではありませんか。なぜサンマ? 皆さんご覧になったことがあるかもしれませんが、私は初めてでした。 ずっとおんぶしたまま、ピョンピョンと跳ね回っています。 あまりにかわいいので、思わず写真を撮りました。 単なる雑草の写真ではありません。 よーく見ると…

続きを読む

I Love 西成

先日行った焼肉屋での出来事をひとつ。 西成の有名店(なんでこんなとこに?と思うほどの大御所も多数ご来店)にて。 クレジットカードでマイルを貯めてハワイ行きを目論んでいる私は 入店時、レジにいた女性に「カード使えますか?」と訊いた。 答えはNO。現金は持っていたので、まぁいいやと了解した時、 奥にいたオーナーが耳ざとく私たちのやり取りを聞きつけて、すっ飛んできた。 『お姉さん!お代はいつでもええから!な!食べてって!』 えっ。いつでもって・・・。 私は特にこの店の常連でもないし、オーナーに会ったのはその日が初めて。 (来店した有名人との写真が所狭しと飾ってあるので、  私の方はオーナーの顔を知っていた) とても親切で、ちょっと風変わりなオーナーにおもしろがりながら 案内された席につき、たらふく食べた。 そして清算していたら、またオーナーが駆け寄って来て、 『お姉さん、お金、いけた?大丈夫?いつでもいいんやで!な!な!』 いや、お金はあるから・・・。 私ってそんなに貧乏くさく見えるのかしら。 ていうか、変わったオーナー。でもいい人なんやろうなー。 特上系をたっぷり食べて、1人5000円くらいかなぁ(あまり飲まずに)。 他店では1人前2500円取るような特上ロースとかでも1280円(たぶん)。 あの霜降り具合を考えると、これまで50軒は訪れたであろう焼肉店の中でも コストパフォーマンスとしてはかなりハイレベル。 そして、…

続きを読む

土佐日記

ご無沙汰致しております。 夏の高校野球が終わり、私の夏も終わったと一人感傷に浸っている羽崎です。 いつもありがとうございます。 いやぁ、すごかったですね。今回の決勝戦。あんなに興奮したのは、 10年ほど前のPL学園VS松坂率いる横浜戦(準々決勝?)以来でしょうか。 何より素晴らしかったのは、試合終了後に両校ナインが互いを褒め称え、 笑顔で抱き合っていた姿。 おばちゃんは涙が止まらなかったですよ(テレビの前で)。 私のかつての夢は、高校球児御用達のこじんまりした旅館を甲子園付近で 開業することでした(夏場のみ営業)。ご飯作って千羽鶴折って。うきうき。 久々に土日まるまるお休みを頂き、家族総出で土佐の高知へ行きました。 替えたばかりのタイヤでお出かけです(高速道路1000円キャンペーンを初体験)。 もちろん、車体のどこかからキーキー音を発しながら(7月15日参照)。 何を隠そう父はまるで飲めない土佐男です。聞きしに勝る土佐酒豪一族の中、 6人兄弟の末っ子の父は、ビール1杯で真っ赤っ赤、すぐにのびてしまう 体たらく。そんな父の楽しみは、かわいい孫3人(7歳・4歳・1歳)と 遊ぶこと。世渡り上手な孫たちも心得たもので、じいちゃんばあちゃんには 異様になついています。 (すすんで入浴&就寝を同伴。食事の席は祖父母の隣に陣取る。かしこ~) こらこらキミたち、私が一番たくさんお洋服を買ってあげてるじゃないのさ。キーッ。 今日は、そんな私共一家の土佐日記をつ…

続きを読む

背泳「期待の星」に遭遇

忙しい日は1日15時間ほどエアコンの真下でPCに向かっているので、 とうとう首が回らなくなった羽崎です。いつもありがとうございます。 首が回らない。縁起でもない表現です。文字通り首が左右に回せなく なっただけのことですが、日本語って難しいですね。 今日は、ひとりでラーメン屋に行ってきました。 私は決して「おひとりさま」趣味があるわけではなく(むしろ苦手)、 ひとりで外食することは、この店以外ではまずないのですが・・・。 縁あって公私ともに親しくしている、『麺屋からから』のおばちゃん。 宮崎県発祥の、うまからラーメンのお店(広く店舗展開しています) なのですが、そこのおばちゃんが数年前に単身大阪へ乗り込み、 ミナミは三津寺界隈で1店舗目をオープンされました。 今はそこを離れ、すぐ近所のお店で総指揮を執られています。 魔法のレストランや各グルメ雑誌にもたびたび紹介されていますので、 目にされた方も多いのではないでしょうか。 辛党の私は、OL時代からここのヘビーユーザーでした。 麺は韓国風(裏メニューあり)、スープは唐辛子入りの真っ赤っ赤。 溶き卵とニラと挽肉が絶妙な、なんとも言えず私好みのお味です。 中毒性があるのでしょうか、定期的に食べないと駄目なんです。 ほとんどの方がリピーター、しかもかなりヘビー級です。 その人柄がたくさんの人々を引き寄せるのでしょうか、 お客さんの お目当ては、からから麺やサイドメニューだけではなく、おばちゃ…

続きを読む

車、そして車屋について

(今日は少々長くなりますが、読んで一緒に呆れて下さい) 毎年この時期になると、エアコン病に悩まされる羽崎です。 いつもありがとうございます。 先日から新しい仕事場に移動しました。 (事務所スペースを他の部屋に移しただけの話です) この部屋にはエアコンがなかったので張り切って新設したのですが、 よりによってワークデスクの真後ろにしか設置できませんでした。 振り返って見上げれば、こんな感じでエアコンが。 横幅のない部屋で、頭の後ろから風がゴーゴーと当たるので、 エアコン病は例年にも増してひどいです。 イケアでこんな引き出しを3つ買いました。超使いやすい。 さて、今日は車のお話です(長くなるのはここからです)。 車の保険・税金・車検。この3点セットで25万円以上はかかります。 しかも同じような時期にまとめて来るので、ボーナスなどない稼業の 私にとっては、いつも 「は?また何か?」という感じ。 車を維持することになぜ税金がかかるのか、つましい庶民には到底 理解が及ばず、消費税だけで勘弁してほしいと切に願います。 私は米国某社製の車(勿論、高価な車なわけもなく)に乗っています。 同一ブランドの中でも人気のないモデルで、街でちっとも見かけない、 いわゆる「駄作」と囁かれている車です。 購入前のモデルチェンジで、全体的に角張っていた車体が丸くなり、 ライトも丸。ひと目惚れして買ったのはいいけど、長年のファンからも 駄作だ邪道だと罵ら…

続きを読む

白洲次郎

勢いよく始めたこの雑記帳ですが、早くも滞りがちになっております。 昨日、お客様から「今月のコメント、ないね」というメールを頂き、 慌てて更新している羽崎です。いつもありがとうございます。 カバーや製作風景の写真を撮らなければと思いながら、 いつも工房にカメラを持参するのを忘れてしまいます。 持参したらしたで、今度は持って帰るのを忘れてしまいます。 でもきちんと撮るようにしなければなりません。ごめんなさい。 さて、わたくし、寝る時は本を読みながらでないとまず眠れません。 本を読めばすぐ眠れるのかというと決してそうではなく、 布団の中で2~3時間は読みます。だから短い本だと1冊読みます。 で、知らない間に寝てます。 今日は、今私が気になって気になって仕方ない人についてのお話。 (ネタ切れの苦し紛れではありません) 白洲次郎。学校でこの人のことを学んだ記憶はありませんし、 最近まで存在すら知りませんでした。知っているのが日本人の常識 だとすれば、私は今かなりの恥をさらしていることになりますが・・・。 そう。白洲次郎。これまでに読んだ本から抜粋すると、こんな人です。 明治35年、芦屋の実業家の元に生まれ、17歳でケンブリッジ留学。 戦後は吉田首相の側近として、日本国憲法改定に大きく関与。 日本で始めてジーンズをはいた男。80歳までポルシェを運転した男。 貿易庁初の長官として、通商産業省を誕生させた男。 連合国総司令部が 「従順ならざる唯…

続きを読む

CORTEOショールーム探訪

過去のオーダー事例集のページでもご紹介させて頂いた、高級外車ディーラー CORTEOさんのショールームへお邪魔しました。 当初はヌバック革の車検証カバーのみのオーダーでしたが、その納品と同時に 新たにオーダー頂いたのがテーブルトップ。 えっ、テーブルトップって、テーブルの敷きもの・・・? 「あの~、ノートウェア屋さんなので・・・」と突如逃げ腰になる私に、 マネージャーのY様がやんわりと(しかし据わった目で) 「いやいやいやいや。できるでしょ。できるって。はっはっはっ」 しかも円形テーブルで、すべて手裁ちとのご指定(T T)  いえ、手裁ちは当然と言えば当然です。車検証カバーを見て、 「あんたの父ちゃんならできる」とおっしゃって下さったんですもの。 その期待を裏切るわけには。。。 「ところで、φ90の円周を手裁ちする間、父は息を止めて作業することに なるのですが。ちなみに還暦過ぎてまして」 「そうか。そりゃしんどいな。がんばってってゆーといて~」 ショールームの雰囲気。右奥で羽根を広げておられるのは、 私には一生縁のないと思われるランボルギーニ こんなテーブルトップ、作りました(ノートウェア屋です) マウスパッド、コースター、ノートカバー、ペンカバーも 車のことはよくわからない私ですが、 「高いのね、どうしようもなく」ということだけはわかります 展示されている車が車なので、さすがの私も派手な動作を慎みます (カメ…

続きを読む

職人の手

今日(もう昨日)の大阪は、気持ち悪いお天気でした。 風が湿りすぎてて生暖かく、外に出るのがイヤ~な感じ。 一日中エアコン(除湿)をつけてしまった羽崎です。 いつもありがとうございます。 ペンカバープレゼントキャンペーンを始めて4日、 どうもオプション加工のリクエストが多くなったような気がするのですが・・・。 たとえば角丸加工は要らないお客様が、「これだったら4,800円か~。 なら角丸も付けてしまおう。ホントは直角がいいけど」 てな感じで無理することになっていなければいいけれど。 でも、ペンカバーがたくさんのお客様の元へ旅立って行くのは 嬉しいことです。だってかわいいんだもの。 先日、ちょっと「おっ!」と思う手帳カバーとペンカバーが出来たので、 久々に写真を撮りました(最近怠っていたので)。 そして昨日、その製品をお送りしたお客様からメールが届き、 大変お気に召して頂けたとのことで、過去のオーダー事例ページと カラーサンプルページにさっそくUPさせて頂きました。 ほぼ日カズン用のカバー(ヌメ革オニキスブラック×オレンジ糸)の カスタマイズバージョンなのですが、両側ペンホルダーに加え、 ポケットやメモホルダーを付けたせいか、カバーを開いた時に オレンジの糸がピリリと目立ってとっても素敵だったのです。 パーツが多くなると、あちこちの糸の色が良いスパイスになりますね。 メモホルダーは500円~1500円くらい(素材・面積により)で 設置でき…

続きを読む

Thanks Campaign

3月にペンホルダー無料キャンペーンを終え、次は何をしようかしらと 考えていた今日この頃。 昨日の夜11時頃に、いきなり思いつきました。 今回はペンカバーのプレゼントです。 もっと早くに思いついていれば、もっとたくさんの皆さんに お届けできたのに。ごめんなさい。 事前告知して、来月スタートにすれば良かったかと思いましたが、 キャンペーンとはこんなものかもしれないと思い改め、 いきなり始めてしまいました。 で、そこからちまちまとサイトをいじり、やっと告知ページを作った わけでありまして(ちなみに今は朝8時です)。 ペンホルダーよりも材料と手間がかかるので、5,000円以上のオーダー を頂いたお客様を対象とさせて頂きますが、 それでもちょっと思い切ったキャンペーンのつもりです。 いつまで続けられるかわかりませんので、始まりと同じように 終わりも突然・・・になるかもしれませんが、 できるだけ永くお届けできればいいな~と考えております。 このペン、最初に持った瞬間は 「どうよ・・・」 と思われるかも しれません。でも慣れれば思った以上に書きやすくて、 私の周りでは評判が良いのです。 いや、社交辞令ではないと思います。だって友達もリピートオーダーを してくれるから。。。 ペンカバーといえば、不思議なお客様がおられます。 (これを読んでおられたらどうしよう) 宮崎県のおじいさんで、月に数回 『はいこんにちは。○○ですよ。 今回は3…

続きを読む

月曜日の日曜大工

以前から、何とかしたいと気になっていた「糸」。 ミシンの脇に並べていても何の問題もないのですが、 もっとすっきり整理したいと常々思っておりました。 市販の糸立ては、サイズ・デザイン共にあまり惹かれないし・・・。 学生時代からOL時代通しての私のモットーは、『ないなら作ろう』。 久々に重い腰をあげることにしました。 まずやらねばならないのは図面作り。 これは、特殊カバーのオーダーを頂いた際にいつも作っているので 問題ないでしょう。と、まったくカテゴリー違いなのに楽観視。 出来上がった図面を意気揚々と掲げてホームセンターへ。 しかしいざ行ってみると、わからんわ迷うわ・・・で、 図面を睨みながら木材・金具売場を2時間ほど徘徊しました。 通りかかった今年入社したばかりであろう店員さんを捕まえ、 自分の目的を話す私。 男前のお兄ちゃんの胸には、『研修中』と書いたプレートがデカデカと。 アナタで大丈夫なのかしら・・・という、私の不躾な視線を察知したご様子で、 「ボク、大学は機械工学部(?忘れた)やったんですけど、 こんな感じのものを作るなら木でも金属でも基本は同じやと思うんです」 とキッパリ。研修中の割にはしっかりした口調でいらっしゃる(男前ぶり倍増)。 とりあえず彼の持論を黙って聞くことに。 それから、糸を挿す棒の角度や糸自体の重さなどについて いろいろ聞かれました。 「角度はほんのちょっと、糸はめっちゃ軽いです。キロじゃなくてグラムって感じ」 と適…

続きを読む

ソウル滞在

ソウル。はじめてのソウル。行けば好きになるに違いないソウル。 韓国料理好きの私がずっと気になっていた街、 でもなぜか足が向かなかったソウルにやっと行ってきました。 食が合うのは素晴らしいことですね。 これまで行った外国の中で、「住める」と思った唯一の街です。 空前のウォン高もあって、以前母や弟が行った時の半分くらいのレートに なっていました。 とにかく、「これで韓国の人たちの生活は成り立つのだろうか・・・」 と思うほど安かったです(まぁ日本人の感覚ですからね)。 ホテルから徒歩圏の広蔵市場。 屋台だらけで、見てるだけで楽しかった。 山積みの饅頭(マンドゥ:餃子)が・・・ こうなって出てくる。 この日は大雨のせいか混雑はなかったが、人気屋台はどこも満席。 丸焼きにされた豚の顔がずらりと並ぶホラーゾーンがある。 見慣れてないと結構怖い。 プデチゲ(いまひとつ) こちらは明洞のスンドゥブとデジカルビの店(ファンタスティック) デジカルビは柔らかく、スンドゥブもちょうどいい辛さ(注:私は激辛党です)。 ご満悦。ゆえに翌日またここへ。 ベストウェスタンプレミア国都ホテル(こちらもファンタスティック) お部屋はフローリング。珍しい。キレイ。 デラックス扱いされていないものの、かなり居心地の良いホテル。 次も絶対ここ。 デジカルビを焼いてくれるお兄さん。 連日の訪問に、友好的対応をしてく…

続きを読む