システム手帳、上昇中

ボンソワール🌙
いつもありがとうございます。
羽崎でございます。

シーズン突入しましたが、
今年はどうも傾向が違うような・・・。
システム手帳やセパレートバインダーの
ご注文の割合が、例年よりはるかに多いのです。

サイズは圧倒的にA5が多く、
色はインディゴとブラックに偏っています。
角丸加工は無し、ポケット3点セット付き、
A5ノートパッド用のスリット付き、
オモテの革を切り替えたタイプが多いです。
(右端から30ミリ程度を別の色に切り替えるパターン)
あと、ペンホルダーもベルトもないタイプが
比較的多いように思います。
(今はペンケースは別持ちが主流ですかね・・・)

システム手帳に限っての数で言えば、
昨年、一昨年のほぼ倍のオーダーを頂いてます。
う~む。これはいったい。。。

流行りの雑誌で紹介でもされたんすかね。
それとも比較的軽量なシステム手帳屋として
の認知度が上昇してきたのでしょうか。
後者であれば嬉しいな~

毎年この時期に手帳カバーを新調される
馴染みのお客様が、今回初のシステム手帳
をオーダーして下さったので、
なんでなんで??と訊ねてみましたが、
「いや別に・・・」とほぼスルーされ
深く追求できずじまいでした。
(岐阜のT様、いつもありがとうございます)


ポケット3点セットは、こんな感じです。
(A5は3,800円、バイブルサイズは3,000円)
img1.jpg

25.JPG

最下部の名刺ポケットは
A5なら2か所(ステッチで分割)、
バイブルサイズは1か所になります。



A5ノートパッド用スリットはこんな感じ。
(1本1,500円です)

img5.jpg

img4.jpg


っていうか、やはり製作事例として
画像をご紹介している製品と同じ仕様を
お求めのお客様が多いということですね。
いや、べつに今気づいたわけではないですが…

仕様にお悩みの皆様のご参考になるよう
これからはもっとたくさん製品事例を
ご紹介していきたいと思います。
(変わった仕様のオーダーをくださ~い!)

is4.JPG

is1.jpg


というわけで、今回は
「なぜ今システム手帳なのか」
について検証して参りました。

何の解決にも至らなかったということで
これにて失礼させていただきます

さぁ、一週間始まったばかりです。
週末のお楽しみに向けて余力を残しつつ
明日も全力で闘いましょう