気がつけば9月♪

ボンジュールかわいい
毎度ありがとうございます、羽崎です。

いよいよ9月になりました。
先月末からいきなり涼しくなって、
去年の猛暑を思い出すと
もう嬉しいったらありゃしません。

それでも日中はまだまだ暑いので、
特に屋外で働いておられる皆さまは
引き続き熱中症対策をぬかりなきよう。


姪3号は、とうに江戸へ帰りましたもうやだ〜(悲しい顔)
2歳半にしては少々おりこうさんすぎる
のでは…というオバ馬鹿全開の私。
ひらがな、カタカナ、アルファベットは
スラスラ読み、英語のサービスも満開。
「これなーにー?」
「ペンギン!」
「What is this?」
「ペングゥィ~ン(素晴らしい発音)」
「これなーにー?」
「ライオン!」
「What is this?」
「ウワイヨ~ン(完璧な巻き舌発音)」

子供ってすごいなぁ。
私たちの頃は考えられなかった…。

でもまだまだ小さい子。
私が名前を憶えてほしくて
「これだあれー?」と自分の鼻あたりを
指さすと、「ん~、鼻かなぁ。ノーズ」
「違う違う、私よ。これ、誰だー?」
「えーと、口?マウス?」
と、指さした顔のパーツを言うのでした。

帰りの空港でお茶を飲みながらも
名前を憶えてもらおうとしましたが
ニヤニヤ笑って「これなんだっけ~」と
私を指して言うのみで、まったく無理。
諦めて私と弟がトイレに立った時、
私の姿が見えなくなってから
「パパとまやちゃん、行っちゃったね」
とハッキリのたまったそうですがく〜(落胆した顔)

2歳にして天邪鬼。
どんな女性に育つのかしらー。

ま、何を隠そうこの私は幼い頃から
「この子はもしや神童ではなかろうか」
と身内や近所で注目されるくらい
何でも達者だったらしいのですよ。
いやほんまに。

2歳の頃には親戚中の電話番号を暗記、
勝手に電話しまくってお話したり。
祖母宅付近のお祭りで迷子になった時、
誰かが連れてってくれた交番で
祖母宅の住所と電話番号をスラ~っと
言って送ってもらった…とかとか。
(なんか可愛げないわ)

両親も、我が子の行く末をひそかに
楽しみにしていたそうですが、
結果この有り様です。

対してすぐ下の弟は、
いつまでたってもロクに会話もせず、
単語もなかなか憶えず、
「この子、大丈夫なんかいな…」と
母は心配していたそうですが、
私より数段お利口な学校をご卒業されました。

子供の成長の早い、遅いは
その子の行く末に何の影響も与えない…
ということですね。とほ。

特に話題がないので姪ネタにて
失礼しました…。

sw.JPG


革は少しずつ入荷致しております。
順次製作しておりますので、
お待ちのお客様、今しばらくお待ち下さいませ。
長い間お待ち頂き、本当に申し訳ございません。
私も何か手伝えたら良いのですが、
革の裁断すらできませんので…。

では、どなた様も楽しい週末をぴかぴか(新しい)