ご無沙汰しました

ボンソワール三日月
いつもありがとうございます、
羽崎でございます。

寒さも和らぎすぎた今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

まずは製作の進捗状況をば。
明日、3月24、25日にご入金頂いた
分の製作に取り掛かります。
「20営業日(約1か月)」には
まだ少し遅れがありますが、
明日、明後日でリセットし、
今後は少し前倒しできるだろうと
推測しております。

お待ちのお客様、申し訳ございません。
お納めまであと数日お待ち下さいませ。

さて、先日製作したシステム手帳。
ここ数日私に少し余裕ができたので、
久々に撮影することができました。
この製品は、私がOLだった頃の会社の
上席の方から偶然頂いたオーダーです。

ペンホルダーの仕様についてお悩みで、
最終的に1本のペンの軸を上下ガッチリ
ホールドする、ということを前提に
位置取りしました。

ペンホルダーは通常、
ペンの上部に位置するようになって
います(クリップ部分だけ)ので、
軸の下部がブラブラしてしまいます。
これが一般的なペンホルダーです。
そのブラブラしている下部に
もうひとつペンホルダーをつけて
軸の上下を挿し込むことで、
ペンはかなり固定されますし、
ペンホルダー縫製部の劣化の軽減にも
繋がります。

というわけで、こうしました。
仕上がった製品に、勝手にペンを挿す…
I課長、ごめんなさい。
28.jpg

ペンを挿さない状態で見ると
「なんじゃこのピロピロは…」と
25.jpg
思われるかもしれませんが、
見た目より利便性を重んじる私としては
結構おすすめ仕様です。

ついでにお揃いの革ペンと合わせて
みたりしてもう1枚。
19.jpg

ちなみに、
この製品はA5サイズのシステム手帳。
ペンホルダーの間隔は50ミリです。
ペン軸の長さやクリップ位置によって
頃合いの間隔は変わるかと思います。
このようにオーダー頂きます際には
お手持ちのペンで必ず計測してから
適切な間隔をご指定下さい。
クリップがかなり上の方についている
ペンもありますので要注意。
先がペンホルダーに届かなくなります。


昨日、久々にサイトも更新しました。
でも、なぜかメニューバナーの表示が
うまくいかず(文字に下線が入る…)、
今も調査中です。

あと、「New item」と称して
栃木レザーのヌメ革で作ったパスケース
をリリースしましたが、
手帳カバーと大差ない仕様の製品です。
でも雰囲気が全然違います。
折り代がないせいでしょうか、
波型ポケットのせいでしょうか…。

f.jpg

試作段階から結構気に入って
張り切って持ち歩いていますが、
そもそも電車やバスには乗らないし
名刺交換することもあまりないので
まだ何の活躍もしていません。トホ。

ラインも入れられますので、
ノートカバーとお揃いでいかがでしょうか。

ではでは。
わたくしは今から軽く晩ご飯作って、
軽くビールでも嗜んだのち、
「お見積もりメール・夜の部」に
突入致します。

どなた様も週明けのお仕事に備えて
ダラダラと素敵な夜をお過ごし下さい。
(もしや世間は早くもGWとかがく〜(落胆した顔)